×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









白き息 吹きかけおるも 溶けぬ恋

2001/01/08



照れていて 冷たくなりし 電話口

指が触れ 染まりし頬を からかいて

どの人も 優しく見える 弥生の陽

春浅し 至福の暖かな 缶コーヒー

「まだ寒い」 寄り添ういい訳 嬉しくて

あの空も あの雲もみな 君の色

2001/03/11



何食わぬ 顔で言葉の 糸を引く

横顔に 隠せぬ嫌悪 見つめつつ

言葉さえ 交わす意味なき 男あり

プライドは 馬鹿げた時代遅れなり

笑顔でも 苦々し酒 胃へ下し

凛とあれ 君の声だけ 握り締め

2001/04/25



「誰とでも」 君の誤解も また楽し

2001/05/11



1人でも 歩ける自分を 憎む今

声だけで 燃え立つような 恋を知る

雨音は ビリジアンの森 湿らせて

駆り立てる 不安は電話で 消えるのに

多忙なり 分かっていても 猜疑心

「大嫌い」 涙の裏側 「ここに居て」

2001/05/24



つまづいた擦り傷のせいにして泣こう

2001/06/06



ぬるいまま気づかず干した缶ビール

風去って 倒れた夢を 立てなおす

飴色の 小さな巣守る 虫を打つ

手で砕き 傷負いたいような 華奢な月

水撫でて 微笑み戻る 朝顔よ

2001/08/23



五月晴れ君がいなくちゃ君と見なくちゃ

軒先で帰らぬ親を待つヒナ鳥

ひっそりと2002年のクローバー

その下で君が待つよなはなみずき


2002/05/08