×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






お父さんはサンタクロース






きみはクリスマスってすきかい?
ぼくはだいっきらい。
この世からなくなっちゃえばいいと思ってるんだ。

どうしてかって?

それはね、ぼくのお父さんが、サンタクロースだからさ。





サンタクロースに家族なんかいるもんか、ってきみは思ってる?

いるんだな、これが。

サンタクロース家は、かならず一人男の子がうまれて、そしてその子供が、サンタクロースを引きつぐのさ。

あんなおじいさんなのに、ぼくみたいな小さな子どもがいるなんておかしいって?







サンタクロースはおとしよりってわけじゃないんだよ。
サンタクロースになるまでは、かみのけもまゆげも、茶色なんだ。
だけど、サンタクロースになった次の日から、何もかも、真っ白になっちゃうんだよ。

どうだい?
考えただけでもゆううつだろ?
ぼくだって、しょうらいはサンタクロースになって、その次の日からはかみのけもまゆげも真っ白になって、真っ白なひげがはえちゃうんだぜ。

そしてなにより、ぼくはサンタクロースからプレゼントをもらったことが一度だってないんだ。

お父さんは、世界中の子どもたちにプレゼントを配るのでせいいっぱい。
家に戻ってくるのは、クリスマスイブの夜が明けてから。
だから、ぼくのプレゼントは、いつもお母さんが代理でぼくに配るんだ。

サンタクロースからプレゼントをもらったことがない、サンタの子どもなんて、本当にいやになっちゃうよ。







ぼくだってさ。
本当は、お父さんといっしょに、クリスマスツリーを見ながら、ケーキを食べて、たくさんおしゃべりしたいのさ。
そして、まくらもとにつるしたくつしたの中に、こっそりプレゼントを入れて欲しいんだ。

だけど、それはぜったいにできないんだよ。
お父さんは、ぼくいがいの子どもたちのために、いそがしいからさ。

「お父さんはすばらしい仕事をなさっているのよ。わかってあげてね」
ってお母さんは言う。

だけど、ぼくを置いて、他の子どもたちのために、出かけなきゃいけない仕事なんて、いったいどこがすばらしいのか、ぼくわかんないんだ。
ああ、ぼくもしょうらいサンタクロースにならなきゃいけないなんて、もう泣きたいくらいだよ。










「ぼうや。空飛ぶそりにのりたくないかい?」
ある日、トナカイのボスが言った。
「のりたい、のりたい!」
ぼくはとびあがってそう答えた。サンタになるのはいやだけど、星の間をかけめぐる、あのそりにだけは乗ってみたいんだ。

「じゃあクリスマスイブの夜、おいらがこっそりのせてあげるよ」
ボスったら、本気なのかな?そんなことしたら、お父さんに見つかっちゃうじゃないか。
ぼくがだまっていると
「だいじょうぶ。ちゃんとサンタクロースさまには、見つからないようにするから」
と、ボスがウインクをした。長いまつげがばさっと風をおこして、ぼくの茶色いまえがみをふうっともちあげた。









クリスマスイブの夕方。
ぼくはボスに言われたとおり、トナカイ小屋のうらに行ってみた。
ボスは辺りを見まわしながら、ゆっくりとぼくに近づいてくる。
「さ、声を出しちゃダメだよ」
ボスはそう言うと、首を左右に2回ふった。そしてさいごにぱちっとウインクをする。
長いまつげがばさっと風をおこして、ぼくの顔にふきつけられる。

「……シャン」

ぼくの体は、音をたてて地面に落ちた。
気がつくと、ぼくの体は、トナカイの鈴になっていたんだ。

ボスはぼくの体をそっと口でくわえると、ひょいっと空へほうり投げた。
ひゅーんとおっこちたと思ったら、ぼくはボスの首にちょこんとしがみついていた。









「さあいくよ、お前たち」
お父さんがトナカイたちに声をかける。
むらさきいろの空が、こん色に変わっていくとちゅうで、お父さんは、しずかにそりのたづなをゆるめた。

シャンシャンシャンシャンシャン。

トナカイたちの鈴の音がひびきはじめる。
もちろんぼくの体も「シャンシャンシャン」と、リズムにあわせて鳴りひびく。
ボスの首にぶら下がったぼくは、ぐんぐんと空へのぼりはじめた。





大きなお月さまが目の前までやってきた。

「やあ、サンタさん。今年もやってきたね、クリスマスが」
お月さまは低くてやさしい声をしている。まるでビオラの音みたいだ。
「今年も明るく照らしてくれてありがとう。行ってまいります」
お父さんはにっこりわらって、お月さまにそうあいさつする。
すると、星たちがうたいはじめる。









        




サンタさん、サンタさん
あの赤い屋根のおうちには おかあさんが病気のこども
ケーキがほしいと言ってます
おかあさんに食べさせたいと けなげなあの子

サンタさん、サンタさん
あの団地の5階には いじっぱりないじめっ子
きっとほんとはさびしいの
あったかマフラー、すなおな心といっしょにね



「そうかい、そうかい」
お父さんはうなずきながら、そりの角度をすうっと下へ向けた。
風をきって、そりは地上におりていく。















まずは赤い屋根のおうちへ。
お父さんは、白い袋の中から何かを取り出した。
お父さんの右手には、金色の小さな星がにぎられている。
窓ガラスからそっと部屋の中をのぞくと、ちいさな女の子がひとりベッドの中で眠っているのが見えた。
お父さんは手の中の星を、女の子に向かってほうり投げた。
次のしゅんかん、女の子の枕もとには、小さな星がころがって、3回まわったとおもうと、丸くて大きなデコレーションケーキになった。
お父さんは女の子に笑いかけて
「どうか幸せに」
とつぶやくと、笑ったまま、ぽろんと涙を流した。
涙は、天へかけのぼって、そのままつーっと流れ星になった。









次は団地の5階の窓へ。
お父さんはまた、袋の中へ手を入れている。
今度は銀色の小さな星を取り出した。
せまい部屋のなかには、三人の男の子がふとんから足や手をはみ出させて、ばらばらの方向へ頭を向けて眠っていた。
お父さんは手の中の星を、男の子たちの枕もとへほうり投げた。
次のしゅんかん、男の子たちの枕もとには、小さな星がころがって、3回まわったかと思うと、三本のマフラーに早がわりした。
1本は赤。1本は緑。1本は黄色。
「君たちは、本当はいい子だね。まっすぐにお行き」
お父さんはそうつぶやいて、ふうっと窓ガラスに息を吹きかける。
すると窓ガラスがふっと白くくもったが、よく見ると、それはクリスマスツリーの形になっていた。
その家にはクリスマスツリーはかざられていないのだと、ぼくははじめて気がついた。
お父さんはやっぱり笑ったまま、ぽろんと涙を流し、それは、天へとのぼっていった。










夜空の星たちが、お父さんに歌いかける。
あの家では子供たちがテレビゲームを欲しがっている。
あの家では子供たちが本を読みたがっている。

するとお父さんは、いちいちそれにうなずきながら、その家へとおりていく。
そして最後には必ず一粒涙を流して、流れ星を作るのだった。












「さあ、そろそろクリスマスイブもおしまいだ。帰るよ、お前たち」
お父さんはそういって、そりのたづなをぐいっと空へ向けた。
星たちが歌い始める。



サンタさん、サンタさん
今年もほんとにお疲れさま
きっと世界中が幸せです
子供たちの笑顔が咲きます

サンタさん、サンタさん
どうしていつも泣いちゃうのでしょう
こんなにすてきなお仕事してて
みんなみーんな笑顔なのに



するとそれに答えるように、お父さんが歌いだした。



星たちよ、星たちよ
わたしにはとても大事な子どもが
世界中の子どもたちを見ていると
わたしの大事な息子のことが
どうしても、どうしても浮かんでくるんだ

星たちよ、星たちよ
おうちでひっそり待っている
息子を思うと泣けてくる
サンタであっても泣けてくる

星たちよ、星たちよ
だからわたしは思うのだ
息子もそして世界の子どもも
全員のこらず幸せになってほしい
そのためにわたしはいるのだと



シャンシャンシャンシャン。

鈴の音がひびく。
ぼくの体もひびく。

ぼくはお父さんの声を聞きながら、ちょっぴり泣いた。
ボスが首をそっとふって、僕の涙を空中へ飛ばしてくれた。


きっとどんな夜でも。

みんなが幸せになるために、今夜クリスマスツリーをながめてるんだね。

みんなが幸せになるために、お父さんは、お仕事をしているんだね。


もしかしたら、ぼくはお父さんから一番すてきなプレゼントをもらっているのかも知れないな。サンタクロース家の人たちは、昔から全員そうなのかも知れないな。

シャンシャンシャンシャン。

鈴の音が響く。
トナカイが歌う。

星たちが笑う。
サンタが笑う。

僕も笑って、幸せな涙を、もう一粒流す。
それは、つーっと天へのぼって、小さな流れ星になる。








誰にも平等に、幸せの雪が降り積もりますように。

やさしい気持ちで、この日を迎える事ができますように。

あなたがどこにいても、何をしていても。

愛する事の意味を、忘れず、恐れず、生きていけますように。

   2002年 冬 ぽむた